脱毛エステ 体験談

管理人の脱毛エステ体験談2

<管理人の脱毛エステ体験談2>

 

○脱毛初日、顔・腕・ワキの日
やや緊張しながらサロンへ。
予約カードを出して少し待ち、名前が呼ばれたら奥の施術室へ。
個室ではなくカーテンで仕切られた何カ所かで施術を行ってる様子。
なので、機械の光やエステティシャンとお客さんの楽しそうな会話が分かる。
上半身だけ服を脱いで、用意されているタオル地のワンピース?のようなものに着替えて待機。
エステティシャンの方と挨拶していざ施術に!

 

ここでは珍しく顔のほとんどの部分を施術してくれるサロンなので、産毛が気になる私にとってはいい選択だったかもしれない。
いい匂いのメイク落としで顔をなでられ、ムダ毛の事前処理の残りをシェービングしてもらった。
人に手入れされるって気持ちいいわー。
施術中は顔にタオルがかかっているので、油断した表情でも大丈夫。
寝てしまう人もいるらしい(笑。
片方の腕からジェルをたっぷり塗って、光をピッと。
ジェルが冷たくてヒャっとなるけど、光の温度でプラマイゼロになる感じ。
腕は毛が太く無いので痛みはナシ。
ジェルと手際良く取った後、ワキに移ってまたピッと。
これはちょっと痛い。
でも全然ガマンできる範囲。
もう片方も難なく終わり顔へ。
タオルを取られ、ゴーグルを装着。
えっゴーグル!?
光が眼球に届いてまぶしいので、それを極力抑えるためにだそうです。
目の周辺と鼻はNGで、鼻のNGは聞いてないよーと心の中で思いつつ、施術終了!

「気持ち悪いところがあったらこちらで拭いてください〜」とぬれタオルを渡されたのでふきふき。
さっぱりしたら、服を着替えてメイクルームで軽く紫外線対策をして受付へ移動。
次回の予約を即取る。

 

痛みが少なかった分、効果に不安を持ちつつも、20万20万…と思いながら管理人はまっすぐ家に帰るのであった。

 

○脚の日
ペーパーショーツの存在を知らず、自前の下着のままいつもののワンピースを着て待機していたら、「ジェルが付いてしまうのが嫌でしたら…」と説明してくれた。
というか、着替える前に言ってくれよー、とは言えず、サービスに不満を持ちつつ施術開始。

 

いたって普通だった。
骨に近くて肉が少ないとこが痛かった。
とくに膝頭。
骨に響く感じ。
でも我慢!
昔の痛みは覚えてない!

 

痛みが毛をやっつけてくれてる感じに喜びながら管理人は友達との待ち合わせ場所に向かうのであった。

管理人の脱毛エステ体験談2関連ページ

管理人の脱毛エステ体験談1
脱毛エステ体験談。脱毛エステでお悩みならコチラ!比較ランキングで人気おすすめ脱毛エステサロンをご紹介。