レーザー脱毛

レーザー脱毛について

銀座カラーお申し込みはコチラ

 

○レーザー脱毛の仕組み
レーザー脱毛とは、強い光を短時間肌にあてて毛母細胞を破壊する脱毛法です。この光は黒いものだけが反応し、光が熱となって蓄積します。

 

この原理を利用して白い肌には影響を与えず、毛を作りだす毛母細胞だけを熱で破壊して毛の成長を止めるという仕組みです。シミやあざをとる為に使われているものも同じ原理のレーザーです。

 

メラニン色素の多い肌にも反応してしまうので、日焼けをしている人は施術を断られる事もあるそうです。また、永久脱毛という名から勘違いされがちですが、脱毛後、一生毛が生えてこないわけではなく、レーザーの場合は長くて10年と言われています。

 

クリニックとサロンの違い

永久脱毛において、レーザー脱毛とフラッシュ脱毛は、どちらが良いのかよく比較されています。クリニックで使われているレーザー式脱毛器とエステサロンで疲れているフラッシュ式m脱毛器は、両方とも黒いものだけに反応させるので、原理は同じです。

 

しかしレーザー式は医療用なので高い出力を出す事ができますが、フラッシュ式は美容機器なのでレーザーほどの出力がありません。出力が高いという事はその分脱毛効果も高く、脱毛出来るまでの回数がレーザーの方が少ないです。ただ、一回で照射できる範囲が狭かったり、出力が高い分痛みも大きかったりするので、一概にレーザーが良いとは言えません。

 

料金は、クリニックの方がサロンより高いです。美病目的の医療行為の為、クリニックだからと言って保険がきくわけではないそうです。

 

また大きな違いとして、クリニックでは薬が処方できるので、施術後に炎症を抑える軟膏などを処方してもらえます。医療機関と連携しているサロンもあるようですが、施術中に肌に何かあったら心配だという方は、クリニックの方がいいかもしれません。

 

このようにクリニックとエステサロンの違いは、レーザー式とフラッシュ式のどちらを選ぶかという事につながります。むだ毛の状態や痛みの感じ方には人それぞれです。それぞれの良い点と悪い点を理解し、自分にあう脱毛方法はどちらなのか、きちんと見極めましょう。

 

>> ★期間限定★赤ちゃん肌脱毛!無期限6回\3,800全額返金保証 銀座カラー