Vライン お手入れ

Vラインのお手入れ

銀座カラーお申し込みはコチラ

 

Vラインのお手入れは当たり前?
アンダーヘアのお手入れへの関心が徐々に高まってきているそうです。海外ではエチケットとして普段からお手入れする部分ですが、ようやく日本も追いついてきたのかもしれません。

 

中でもVラインのお手入れは水着を着る時だけなく、ちょっとオシャレな下着の時も注意が必要ですし、温泉やスパなどに行った時に一目にふれるので、女子力アップの為にもお手入れが欠かせない部分でしょう。

 

エステサロンやクリニックで脱毛の施術をうけるのが、肌にとっては一番ダメージの少ない方法です。しかし、施術中に見られたくない、好きな時に好きな場所を処理したいという方も多く、そんな方の為に家庭用脱毛器が売られています。

 

お手入れの仕方はさまざまなので、無理なく行える、自分に合った方法を選びましょう。

プロに任せたお手入れ

最近は脱毛専門サロンの低価格が進み、アンダーヘアの脱毛はセレブだけのものではなく、手が届きやすいものになってきました。クリニックやサロンで行っている永久脱毛は、毛のメラニン色素のみにダメージを与えて脱毛させます。

 

肌への直接的な負荷がなく、脱毛する事で日々の処理もいらなくなってくるので、肌が滑らかになったという話も聞きます。Vラインの毛を全て脱毛してしまう方もいるようですが、形を整えて量を減らす方がほとんどです。

 

逆三角形、Uライン型、スクエア型、逆たまご型、ハート型、Iライン型などいろいろあるので、好みのものを選びましょう。

自分でのお手入れ

ドラッグストアで購入出来るような安価なカミソリや除毛フォーム、毛抜きでのお手入れは肌への負荷が大きいのでやめましょう。

 

ダメージを受けた皮膚は炎症や埋没毛、色素沈着などの肌トラブルの原因になります。

 

とくにデリケートゾーンの皮膚は薄くて敏感なので、キレイなVラインを保つには、こういった自己処理はやってはいけません。肌へのダメージが少ない電気シェーバーを使い、毛先を丸くカットできるトリマーを使えばチクチク感もなくなります。

 

>> ★期間限定★赤ちゃん肌脱毛!無期限6回\3,800全額返金保証 銀座カラー