ムダ毛 自己処理

ムダ毛を自己処理して大丈夫なの?

銀座カラーお申し込みはコチラ

 

○一般的な自己処理方法
女性なら誰でも、モノゴコロついた時からお世話になっている市販のむだ毛処理商品。一般的な処理方法は、剃る、抜く、溶かす、ですよね。

 

カミソリや電気シェーバーは手頃で短時間に済ませられるので、一番身近な方法ですが、生えてくるまでの期間が短いので頻度が高くなります。毛抜きで抜く場合は、根っこから引き抜く訳ですから、次に生えてくるまで時間がかかり、処理の回数が抑えられますし、太い毛だと剃るより仕上がりがキレイです。

 

ただ処理する範囲が広い時間がかかり、痛みもあります。脱毛クリーム、ムースで溶かす方法は、処理の後の毛先が丸くなり、剃った時より表面がキレイです。痛みも無く、一度に広範囲を処理できます。

 

プロに任せるよりも安価で、気が向いた時にすぐ出来るので、自己処理で済ませている人も多いと思います。油断をすると、さまざまな肌トラブルに見舞われ、むだ毛と変わらない恥ずかしい状態になってしまう事を忘れてはいけません。

自己処理での肌トラブル

エステや医療機関を利用していても、時々は自分で処理してる人もいるでしょうから、自己処理における注意点は、知っておいた方がいいでしょう。

 

・剃る時
表皮も削ってしまっているので肌表面が固くなり、埋没毛が出来やすくなります。カミソリ負けで荒れてしまって、色素沈着する事もあります。シェービング用専用のジェルやムースをきちんと使い、逆剃りしないようにしましょう。電気シェーバーを使った方が、トラブルを回避しやすくなるかもしれません。

 

・抜く時
毛根ごとぬけると毛穴が広がるので、ぽつぽつの原因になります。毛穴が傷ついて赤くなる事もあります。抜く前は肌を温めて毛穴を開いておく方がいいでしょう。

 

・溶かす
毛を溶かす程の薬品なので、肌への負担も大きいので、ひりついたり、かぶれたりする事もあります。人によってはアレルギーを起す事もあるので、パッチテストを必ずしましょう。

 

どの方法においても、処理後は敏感になった毛穴から細菌が入って炎症を起しやすいです。肌を清潔にしておく事がとても大切です。

 

>> ★期間限定★赤ちゃん肌脱毛!無期限6回\3,800全額返金保証 銀座カラー