デリケートゾーン 脱毛

デリケートゾーン脱毛について

銀座カラーお申し込みはコチラ

 

○アンダーヘアのお手入れ
みなさん、アンダーヘアのお手入れはどうしていますか?
普段はとくに何もせずに、水着を着る直前にあたふた自己処理で済ませて、当日ハミ毛が気になって気になって仕方なかった、という経験はありませんか?

 

海外では、エチケットとしてアンダーヘアのお手入れをするのが普通だそうです。
また、ハリウッドセレブや日本のタレントも、デリケートゾーンの脱毛をしているそうです。
このような人たちは、仕事柄や美意識の高さから、処理が必須なのかもしれませんが、一般の人にとってもメリットは十分あります。

 

前にも書いたように、水着になる場面で毛を気にする事も無くなって思い切りはしゃげますし、ビキニラインが際どいものを着こなす事だってできます。
水着だけでなく、カワイイ下着にだってチャレンジできます。
見た目の問題だけではありません。

 

毛の量が減る事によって、生理中のムレが軽減されて、かぶれたりする事もなくなり衛生的になるそうです。
不快な思いもなくなるので、精神面にも良いと思います。
露出の多いひざ下や腕、ワキなどを永久脱毛してる方はけっこういらっしゃいますが、デリケートゾーンまで脱毛してる方は、まだ多くはないようです。

 

最近では、デリケートゾーンのコースが設けられている店舗があり、価格も手頃になってきているので、利用する人は、これからもっと増えるのではないでしょうか。

自己処理だと危険?

デリケートゾーンとは一般的に、vライン、iライン、oラインの事を言います。
vラインは自分でも見える範囲ですが、iライン、oラインとなると、自分で処理をするのは大変な場所です。
さらに、粘膜に近い部分だったり、もともと肌が薄い部分だったりで、慎重さと丁寧さが要求されます。
力の加減が分からず、カミソリ負けをしてひりついてしまったり、その繰り返しで色素沈着になってしまったり、そんな失敗談もあるくらいです。
意外としっかりした毛があるので、抜いたら毛穴が広がってぽつぽつが出来てしまった、なんて話もあります。
普段は見えない場所だから…と油断していると、取り返しがつかなくなるので気をつけましょう。

 

>> ★期間限定★赤ちゃん肌脱毛!無期限6回\3,800全額返金保証 銀座カラー